本文へスキップ

心豊かに、たくましく、生きる力を育てます。北海道東川養護学校は上川郡にある特別支援学校です。

電話でのお問い合わせはTEL.0166-82-4586

〒071-1410 上川郡東川町西10号北36番地

姉妹校との交流exchange with a sister school


 平成21年度に、韓国の釜山市にある釜山恩愛(ウンエ)学校と姉妹校になり、学校交流を行っています。

 ・釜山恩愛学校のホームページは、こちらをクリックしてご覧ください。(ハングル語)

児童生徒の作品交流

 お互いの学校の児童生徒が作成した作品を送り、作品交流として展示しております。
 平成25年12月、東川養護の作品を恩愛学校に送りました。その作品の一部を紹介します。

雪だるま(小学部)

皿(高等部)

雪だるま(小学部)

書き初め(小学部)

凧(小学部)

ストラップ(中学部)
ティッシュカバー、マグネット
(高等部)

皿(中学部)


 平成24年12月、東川養護の作品を恩愛学校に送りました。その作品の一部を紹介します。

皿(中学部)

ヘアーバンド(中学部)

マフラー(小学部)

年賀状(小学部)

雪だるま(小学部)

コースター(高等部)

マグネット(高等部)

きんちゃく袋(高等部)

ティッシュカバー(高等部)

皿(高等部)

交流会(平成24年7月25日)の様子

 7月25日(水曜日)に、釜山恩愛学校の職員の皆様(鄭校長先生をはじめ6名)が東川養護学校に来校されました。
 終業式終了後に恩愛学校職員との交流会を行いました。児童生徒会長あいさつでは、一生懸命練習したハングル語でのあいさつがとても上手で、みんなからたくさんの拍手をもらいました。

(歓迎会の様子)

(児童生徒会長あいさつ)
 また、恩愛学校の職員の紹介では、一部日本語であいさつをしてくれて、子どもたちは話に耳を傾けていました。
(職員の紹介)
 その後は、学習で取り組んでいるリズムや太鼓の発表をしました。
 はじめに小学部低学年ブロックの児童による「♪チャチャチャはすばらしい♪」という曲を演奏しました。ペットボトルを用いた手作りのマラカスを両手に持って、音楽に合わせて元気に音を鳴らすことができました。
 次に中学部より、11名の生徒がステージに上がって、「たいせつ太鼓」をしました。本校職員のかけ声に合わせて、リズムをそろえて威勢のいい音を響かせることができました。はっぴを着た姿が、とてもかっこよかったです。
 終業式のために来校していた保護者にも、発表を見てもらうことができました。

(発表〜小学部低学年)

(発表〜中学部)
 交流会の最後には、高等部の生徒が製作した製品を、小学部高学年ブロックの児童が職員一人一人にプレゼントしました。ちょっぴり緊張した児童もいましたが、恩愛学校職員から優しく声をかけられると、笑顔を見せていました。恩愛学校からは、民族楽器をいただきました。ありがとうございました。
(プレゼント贈呈)
 交流会後、子どもたちが授業に戻る中、恩愛学校の職員の皆様は学校見学をしました。小学部高学年ブロックなどの授業の様子を見学したり、中学部木工室、高等部窯業室など学校内の施設を見て回りました。
(学校見学〜中学部木工室)

(学校見学〜高等部窯業室)
 東川養護学校のPTA役員の皆様にもお手伝いいただきました。給食時には、役員さんの手作り「ちらし寿司」をふるまい、日本の味を食していただきました。PTA役員の皆様、ありがとうございました。

(PTA役員の皆様)
 そして、あっという間にお別れの時間に。給食を食べ終わった生徒も数名見送りに来てくれました。短い時間でしたが、東川養護学校にとっても、とても有意義なひとときでした。
(お見送り)

information

北海道東川養護学校

〒071-1410
上川郡東川町西10号北36番地
TEL.0166-82-4586